プロテインの働き

プロテインにはたくさんの働きがあります。体の免疫力を高めてくれる役割、貧血を予防してくれる効果、髪の毛や肌、爪の美しさを保ってくれる効果、骨を形成するなどたくさんの働きがあります。

また、プロテインは摂取するタイミングにより働きが大きく変わってきます。運動後に接種することにより、筋肉の形成を助ける働きをしてくれます。運動後の壊れた筋肉にタンパク質を与えることにより、筋肥大を促してくれます。

さらに、睡眠前にプロテインを摂取することにより睡眠中も栄養を摂取することができます。意外ですが、睡眠中は思っている以上にカロリーを消費しています。人間が睡眠中に成長しているのもそれが原因です。睡眠前にプロテインを摂取することにより、人間の睡眠中の成長も促すことができます。

一般的にプロテインというと筋肉を大きくするという目的しかないように思われますが、人体において重要な役割を果たしてくれるのです。しかし、過剰に摂取したといっても、プロテインがきちんと働いてくれるわけではありません。プロテインを過剰摂取することにより、肥満になる可能性も増えてしまうのです。先ほどから述べている通り、プロテインはタンパク質なのです。タンパク質を過剰摂取することにより余った栄養は脂肪になってしまいます。そこで、プロテインの正しい働きを促すためには自分に合った正しい量のプロテインを摂取することが大切だといえます。